散らかった頭の中から

経験しなければわからないことばかりだし、挑戦し続けなければ未来の自分なんて見えてこないよね。だなんて誰かが言ってた。 そこに必要なものはバイタリティという何だか一見して近寄り難い雰囲気の文字。 今の暮らしはどう?と訊かれ […]

Read More

日々と青色

      当たり前のように毎日を過ごし、 当たり前のようにシャッターを切る。     フィルムカメラを持ち写真を撮ることは 私の中では日々の当たり前といわれるものの一部に いつか […]

Read More

AROUND YOU

目覚まし時計が鳴り響く。 いつものように数秒で止め、 深く息を吸う。 布団を出て、支度を数分で済ませる。 まぶしく光る朝日に、 まだ目が慣れていない。 地図を見ながら、 今日の行き先を決める。 天気もいいし、 少し遠出も […]

Read More

僕がいる場所。

あなたの周りにあるものは、 あなたの存在を確かにしてくれる。 互いが互いを認識することで、 確かに自分がいることを認識できる。 例えばあなたが、真っ白な空間、 なにもない空間にいて、 自分が確かにそこにいると 言い切れる […]

Read More

she loves you

出会いはありふれたものだった。 友人になんとなく誘われた日帰りドライブ旅行のLINEグループの中に、彼女はいた。 誰が撮ったかわからない、寂しげな表情の横顔のアイコンに何故か惹かれた。   前日の夜に集合場所や時間のやり […]

Read More

季節

    朝の風が心地良く 澄んだ空気が秋を知らせた         辺りには鮮やかなの秋の桜が 風に揺られ華やかに咲いていた。     &n […]

Read More

梅雨のち晴れ

最近はめっきり晴れの日が減り 雨が降り続いています。 梅雨です。 私は雨は苦手ですが 梅雨の象徴である 紫陽花がとても好きです 去年は青色に咲いていた 庭の紫陽花が 今年はピンク色に咲いていました。 そんな色の変化も 写 […]

Read More

観測者

観測者。 最近ぼくが、つくづく思うことは、 写真への思いがなくなりつつあること。 無論、好きか嫌いかで言えば 間違いなく好きです。 でも何かを表現したくて、伝えたくて、 写真はそのための手段の1つとして 相性が良かったの […]

Read More

一瞬しかないのが今だ

写真は撮るもの、その時の感情、出会うものによってくるくる形をかえていく しかも写真は作品化が早いから、表現を変えやすくありのままを映してしまうアウトプットだと思う   Q 私は自分の写真に対して統一感がなくて不 […]

Read More