きみとぼくの夏休み

 

 

 

2回目の淡路島。

5月のことです。

もう2か月も前のことになるけれど、残しておきたくて、ここに書こうと思います。

 

 

 

天候は晴れ◎

ちょうど良い気候で、朝から夕方まで走り回っていた記憶があります。

花を撮って、

人を撮って、

海も街も空も。

 

 

 

カメラを持っているだけで、

なんでも残したくて撮りたくなる。

これはきっと魔法にかけられてる。

 

 

2カ月ぶりのお出かけは、フィルムでたくさん撮ろうと決めていました。

とっておきのpоrtraを込めて、ファインダーをのぞきます。

 

彼はこの日の為に買った写ルンですを1日で撮り切りました(ちなみに39枚撮り!)。

私もpоrtraと写ルンですを撮り切りました。

現像をお願いしたラボさんで、たくさん撮ったねえ!とびっくりされたり。

ラボさんで初めてプリントをお願いしました。その時のすべてが蘇ってきて、置いていけなくて、

以来ずっと持ち歩いています。

 

フォトブックも作りました。

奮発してA4サイズ。

今ではもう宝物です。

 

 

 

優しく老いる幸せを、ふたりで。

思い出と写真と、だいすきなカメラと。

 

 

あのときはこうだったね、って

このときはこうだったね、って

笑い合えたら最高かな。

その僕たちのそばにはやっぱりカメラがあって、

レンズが増えていたり、

フィルムがその辺に転がっていたり、

プリントした写真が壁に貼ってあったりして、

そんな未来が想像出来ちゃう。

もうそれって最高だと思う。

 

使い慣れないフィルムでたくさん撮りました。

だいすきなひと。

大切な思い出のそばに。

その時の気持ち、空気や光も、ぜんぶ。

 

きみとぼくの夏休み。

 

 

Posted by

manaho
manaho