フィルムカメラの事

はじめに。

僕はフィルムカメラを始めて本当によかったと思ってます。

1番の理由は写真をもっと好きになれました。

 

そして写真について考える時間が増えて、写真と向き合う時間も増えました。

 

 

個人的な考えですが、フィルムカメラはデジタルカメラより色々考える事が多い気がします。

カラーかモノクロどっちか選んで(僕はカラーしか使ったことがないです)、沢山あるフィルムからどのフィルムを選ぼうか考えたり、またデジタルと違って撮った写真がすぐに確認できないので設定を変えて撮ってみたり、最後にどこの写真屋さんに現像してもらおうか悩んだり、、、、

でもこれがまた楽しいんですよね。

 

 

デジタルだったらある程度は精密に自分で写真の色を作り込む事ができます。

でもフィルムカメラは一度現像してもらいデータ化していただいた後、デジタル写真ほどの自由度はありません。

だからこそフィルムカメラというものは人間の直感的な部分を刺激して、より人間味のある写真を写してくれるのではないかと僕は思っています。

 

 

もちろん僕はデジタルの写真も好きですし、「写真を撮る」という概念ではもはやどっちでもいいと思っています。

 

 

 

でももしあなたが今フィルムカメラに少しでも興味をもってくださったのなら、一度手にとってみることを強くお勧めします。

嬉しいことに今の時代、インターネットを使えば大抵のことは調べる事ができます。


憧れのフォトグラファーさんに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

きっとフィルムカメラはあなたの生活を素敵に彩ってくれる事でしょう。