素直なシャッター

「あ、なんかいい感じ!!」「パシャ」

普段、こうやって写真を撮ることがとても多いです。

写真を撮る意味」って言葉をよくいろんなメディアで見かけます。

その度に僕は自分に当てはめて考えてました。

そうやって考えるんですけど結局なにも思いつかないんですよね。

それは自分がまだ写真に対して無知であるからだと思います。

知らない世界がまだまだたくさんあります。

でも開き直って考えると、今はまだアバウトでいいと思うんですよ。

何事も一つの事に囚われてしまったら息苦しいじゃないですか。

写真の話から少しスケールの大きい考え方の話になってしまいましたが

何にせよ同じです。

愛しいと思った瞬間。大切にしたいと思った瞬間。そういった時間を形に残せるのが

カメラであり写真です。

誰に何と言われようと愛しさ、愛でしかないです。

僕自身も今は、「あ、いい…!!」と思った瞬間をその場の空気と一緒に形に残す。

そんな素直なシャッターが何かに繋がっていけばいいなと思っています。