日常を撮ること

 

日常の写真を撮るのが好きです。

 

 

 

 

 

日常の写真を撮り続ける理由は、いくつもありますが、一番大きいのは「忘れたくないから」。

 

 

 

日常の写真は、ざっくり分けるなら作品撮りというよりは記録写真に近いものでしょうし、僕もそのつもりで撮っています。

ただ、僕が記録したい・忘れたくないと思うのは、具体的な出来事というよりは、その時自分がどんなことをどんな風に感じたかです。

だから、その時感じたことを写しこめるようにじっくり考えながら撮るほうが、スナップ的に撮るよりも好きだったりします。

 

 

 

 

日常の写真を撮る時、僕はフィルムを使います。

もちろん人によって違うと思いますが、フィルムの方がその時感じたことを写しこみやすい気がするのです。

 

 

 

 

人間の記憶なんてあやふやなもので、いま当たり前な日常ですら、1年後、2年後にはリアルなものとしては思い出せなくなってしまいます。そんなの言ってしまえば当然のことなのですが、僕は少しだけ寂しいなと思ってしまいます。

だけど、写真として、心の動いた瞬間を丁寧に掬い取っていけば、何年たってもその時の感覚を思い出せる気がするのです。

 

 

Posted by

Kei Mizuhara
Kei MizuharaPhotographer

Kyoto / 22